Information インフォメーション

MINERVA 2020 in LONDON が閉幕いたしました!

2020_info.jpg

英国王立美術家協会 名誉会員による美術展覧会
「MINERVA 2020」を開催!

会期:2020年10月14日(水)10月17日(土)
会場:マル・ギャラリーズ
主催:ミネルヴァ実行委員会 
運営:株式会社 クオリアート
協力:英国王立美術家協会(RBA)

18世紀後半から20世紀前半まで、イギリスは大英帝国として世界に君臨した大国です。その首都ロンドンは、ニューヨークや東京と並び、最高水準の世界都市に位置づけられおり、様々な文化の発信地となってきました。

2020年9月11日の大筋合意を経て、10月23日に「日英包括経済連携協定(EPA)」の署名が行なわれました。イギリスにとってはブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)後で最初の主要国との大規模な通商協定となり、日本とイギリスの関係を緊密にするものとして期待されています。

また、エリザベス女王2世の記念すべき訪日から45年という節目でもある本年、ロンドンのマル・ギャラリーズを会場に10月14日から10月17日まで、美術展覧会「MINERVA 2020」を開催いたしました。バッキンガム宮殿に通じることから式典などで主要な道路となるザ・マル。その名称を冠したマル・ギャラリーズにて、本展開会に先立ち同ギャラリーで実施されたセレモニーには、英国王立美術家協会(RBA)から多数のボードメンバーの皆様がご来場され、各ジャンルの日本アーティストによる力作の数々をご覧いただくとともに、作品と本展へコメントを頂戴しました。

コロナ禍のヨーロッパにも関わらず、本展には会期中、多くのご来場者にお越しいただきました。日英の芸術による交流を叶えて下さったご出展者の皆様に心より御礼申し上げます。

こちらから海外展の様子をまとめた映像をご覧いただけます。

MINERVA 2019 in LONDON が閉幕いたしました!

2019_info.jpg

英国王立美術家協会 名誉会員による美術展覧会
「MINERVA 2019」を開催!

会期:2019年7月31日(水)8月3日(土)
会場:マル・ギャラリーズ
主催:ミネルヴァ実行委員会 
運営:株式会社 クオリアート
協力:英国王立美術家協会(RBA)

 かつて大英帝国として世界に君臨し、今なお古き良き伝統を守る欧州の大国イギリス。その首都ロンドンは、ニューヨークや東京と並び見所の多い有数の観光地として、世界都市に位置づけられています。

 今から約160年前に結ばれた「日英修好通商条約」により日英に国交が結ばれて以来、両国は友好な関係を継続してきました。近年、ロイヤルウェディングやロイヤルベビーの誕生で世界を賑わすロンドンで、この度、美術展覧会「MINERVA 2019」を開催いたしました。 英国王室に関係する式典などでは、主要な道路の1つとなるマル通り。その格式高い通りに面するマル・ギャラリーズを会場に開催した本展は、7月31日、開会に先立ちセレモニーを実施しました。

 会場には英国王立美術家協会(RBA)から会長を始め10名を越えるボードメンバーがご来場。会場内の力作に圧倒されながら、各ジャンルをご覧いただくとともに、ご出展者の制作の思いにも耳を傾けていらっしゃいました。
 その後、特別に大英博物館内の会場を貸し切って開催した夕食会では、RBAのニック会長やミック副会長がご参加。文化と芸術を介して交流が行なわれ、素晴らしいひと時を過ごしました。会期中、会場には多くのご来場者にお越しいただき、日本の表現力の高さを知っていただく機会となりました。

MINERVA 2018 in LONDON が閉幕いたしました!

2018_info.jpg
イギリスの首都ロンドンで国王立美術家協会名誉会員による
「MINERVA 2018」開催!

会期:2018年7月25日(水)〜7月28日(土)
会場:マル・ギャラリーズ(イギリス)
主催:ミネルヴァ実行委員会 
運営:株式会社 クオリアート
協力:英国王立美術家協会(RBA)

会場となったのは、女王エリザベス2世の声明によって1971年にザ・マル(マル・ストリート)に開設され、英国王室に縁ある格式高いマル・ギャラリーズです。ザ・マルは、トラファルガー広場とバッキンガム宮殿を結んでおり、国家行事や王室の儀式に欠かせない、ロンドンの重要な花道の一つ。5月のヘンリー王子とアメリカの女優メーガン・マークルさんとの結婚式や、6月の女王エリザベス2世の公式誕生日をはじめ多くの祝い事が重なり、ギャラリー周辺も未だ式典のムードが醒めやらない様子でした。

7月25日には、開会に先立ちセレモニーを実施。会場には英国王立美術家協会(RBA)からボードメンバーの皆様がご来場。展示された各ジャンルの日本アーティストによる力作の数々をご覧いただくとともに、制作者によるギャラリートークも行なわれました。
会場には同施設を拠点とする英国王立美術家協会(RBA)のご協力とご理解を賜り任命された、英国王立美術家協会名誉会員による日本画、洋画、彫塑、工芸、写真、書道、文芸の約200点の芸術作品を展示。
会期中は1千名を越える多くの来場者に本展へ足を運んでいただきましたが、どの方も、日本のアーティストによる多岐にわたるジャンルの多彩な表現に、驚きと感動を隠せずにいる様子でした。

日英国交160周年の節目にふさわしく、両国の文化と人が交流を果たした美術展覧会「MINERVA 2018」は、連日盛況を博し、華々しくその幕を閉じました。る交流が、両国の友好に寄与した展覧会となりました。

Backnumberはこちら