Information インフォメーション

MINERVA 2018 in LONDON が閉幕いたしました!

2018_info.jpg
イギリスの首都ロンドンで国王立美術家協会名誉会員による
「MINERVA 2018」開催!

会期:2018年7月25日(水)〜7月28日(土)
会場:マル・ギャラリーズ(イギリス)
主催:ミネルヴァ実行委員会 
運営:株式会社 クオリアート
協力:英国王立美術家協会(RBA)

会場となったのは、女王エリザベス2世の声明によって1971年にザ・マル(マル・ストリート)に開設され、英国王室に縁ある格式高いマル・ギャラリーズです。ザ・マルは、トラファルガー広場とバッキンガム宮殿を結んでおり、国家行事や王室の儀式に欠かせない、ロンドンの重要な花道の一つ。5月のヘンリー王子とアメリカの女優メーガン・マークルさんとの結婚式や、6月の女王エリザベス2世の公式誕生日をはじめ多くの祝い事が重なり、ギャラリー周辺も未だ式典のムードが醒めやらない様子でした。

7月25日には、開会に先立ちセレモニーを実施。会場には英国王立美術家協会(RBA)からボードメンバーの皆様がご来場。展示された各ジャンルの日本アーティストによる力作の数々をご覧いただくとともに、制作者によるギャラリートークも行なわれました。
会場には同施設を拠点とする英国王立美術家協会(RBA)のご協力とご理解を賜り任命された、英国王立美術家協会名誉会員による日本画、洋画、彫塑、工芸、写真、書道、文芸の約200点の芸術作品を展示。
会期中は1千名を越える多くの来場者に本展へ足を運んでいただきましたが、どの方も、日本のアーティストによる多岐にわたるジャンルの多彩な表現に、驚きと感動を隠せずにいる様子でした。

日英国交160周年の節目にふさわしく、両国の文化と人が交流を果たした美術展覧会「MINERVA 2018」は、連日盛況を博し、華々しくその幕を閉じました。る交流が、両国の友好に寄与した展覧会となりました。

MINERVA 2017 in LONDON が閉幕いたしました!

minerva2017.jpg
イギリスの首都ロンドンで国王立美術家協会名誉会員による
「MINERVA 2017」開催!

会期 : 2017年5月30日(火)-6月2日(金)
会場 : マル・ギャラリーズ
主催 : ミネルヴァ実行委員会 /運 営 : 株式会社 クオリアート

約800万人を超える人口に、270にも及ぶ国籍と、300の言語が話されている国際都市ロンドン。明治時代から多くの日本人芸術家や文化人が同地を訪れ、またイギリスからも要人が来日したことなどによって、両国は互いに影響を与え合い、友好を温めてきました。重厚な歴史を物語る象徴的な史跡の数々と、アートの
文化に彩られた大都市で、この度、美術展覧会「MINERVA 2017」を開催する運びとなりました。

近年、英国王室の王子、王女のご誕生、また本年は女王エリザベス2世の即位65 周年を迎えるなど記念ムードの漂うイギリス。その首都ロンドンにあって、王室にゆかり深い儀式で主要な道路となるマル通りに面したマル・ギャラリーズが、本展の会場となりました。

1971年に女王エリザベス2世の声明によって設立されたマル・ギャラリーズは、重厚な外観とモダンな内観を併せ持ち、室内は天井高で広々した空間が特徴。日本のアーティスト208名による作品を展示した本展には、同ギャラリーを拠点とする創設1823年の英国王立美術家協会(RBA)から、会長と副会長をはじめ、主要メンバーの面々がお越し下さり、連日来場者で盛況を博しました。

「MINERVA 2017」及び共催展の開催を記念して美の殿堂、大英博物館で行なわれたレセプション・パーティーでは、ご来賓からご出展作家の皆様に向けて歓迎のメッセージを賜り、両国の発展を祈念する鏡割りでパーティーは開会しました。

RBAのメンバーと、英国王立美術家協会名誉会員として選ばれている本展ご出展作家の皆様による交流が、両国の友好に寄与した展覧会となりました。

MINERVA 2016 in LONDON が閉幕いたしました!

1485851875-308698_2.jpg
イギリスの首都ロンドンで英国王立美術家協会名誉会員による「MINERVA 2016」開催!

会 期 : 2016年5月24日(火)?5月27日(金)
会 場 : マル・ギャラリーズ

東京、ニューヨークとともに世界三大都市にも挙げられるロンドン。英国王室が育んできた深い歴史と、刺激溢れる都会的な街が同居する世界有数の大都市で、この度、美術展覧会「MINERVA 2016」を開催する運びとなりました。

日本と英国との関係は古く、今から約400年前、日本に漂着したイングランド人、ウィリアム・アダムスが徳川家康と交流。三浦按針と名乗ることを許され、外交顧問として活躍したことが知られています。

また、イギリスは明治日本の近代化と発展に最も大きな影響を与えた国であり、多くの芸術家や文化人が往来して友好を温めてきました。英国王室と日本の皇室の繋がりも深く、2012年のエリザベス女王在位60周年での祝賀昼餐会において、今上陛下のお席はエリザベス女王の左隣に。女王の右隣はスウェーデン国王で、その横に皇后陛下がお座りになられるなど、その親しいご関係が伺えます。

2016年はエリザベス女王が90歳の誕生日を迎え、在位年数、年齢ともに英国王室史で歴代最高記録を更新する記念すべき年です。その女王が司るイギリスの首都ロンドンにあって、式典などで主要な道路となるマル通りに面したマル・ギャラリーズが、本展の会場となりました。

重厚な外観にモダンな内観を持ち、室内は天井が高く広々した空間が特徴の展示室には、日本のアーティスト約200名による作品を展示。英国王立美術家協会(RBA)からは、会長と副会長をはじめ、主要メンバーの面々がお越し下さり、連日多くの来場者をお迎えしました。

「MINERVA 2016」の開催を記念して行なわれたオープニング・セレモニーでは、ご来賓から様々なメッセージがご出展作家に
送られ、返礼として本展記念画集がRBA会長のジェームズ・ホートン氏に贈呈されました。

さらに「MINERVA」ご出展作家の皆様はその長年の功績を称えられて英国王立美術家協会名誉会員に任ぜられ、本展は、両国の文化的交流の発展に貢献しました。
Backnumberはこちら